ETC2.0車載器では高速道路の逆走が警告される!

ETC2.0車載器では高速道路の逆走が警告される

※写真は沖電気より

NEXCO 3社は、国土交通省が掲げる2020年までに高速道路の逆走事故をゼロにするという目標達成の取り組みの一環として、2016年11月22日から2017年2月10日まで、民間企業等からの逆走対策技術の公募を実施しており、3月23日にその選定結果を発表しました。

「道路側での物理的・視覚的対策/逆走車両への注意喚起」「道路側で逆走を発見し、その情報を収集する技術」「車載機器による逆走車両への注意喚起/自動車側で逆走を発見し、その情報を収集する技術」の3テーマに対し、82の企業から100の技術提案が寄せられ、その中から実道での検証などを行うものを選定。

●「舗装面にくさび型の非対称の段差を設置し、衝撃により 逆走車両に注意喚起する(大成ロテック)」
●「レーザー光を面的に照射し、車両の位置・方向を特定し、逆走車両を検知する(デンソー)」
●「ETC2.0車載器を搭載した車両に対して、逆走車両のみに適用される 警告情報を配信、車載器により走行方向を判定し、逆走時に警告する(沖電気)」

など、28件が選ばれました。今後、提案企業との手続きなどを経て、実道での検証を2017年4月以降より約1年行っていく予定で、2018年度からの実用化を目指しています。

その中でも最後の高速道路で逆走時に警告するのは、ETC2.0車載器を搭載した車両に対して、逆走車両のみに適用される 警告情報を配信、車載器により走行方向を判定しています。

これらが実用化されると事故は減りますね。

Sponsored Link


ETC2.0車載器が10,000円引き!首都圏ETCキャンペーンは3/31まで

ETC2.0車載器が10000円引き

現在、このようなキャンペーンを実施中です。今まで現金払いをしていた方、格安でETC2.0車載器を買えるチャンスです!ただし、首都圏限定ですが・・・(泣

ただし、各種条件がありますのでご注意ください。

条件1:
当キャンペーンで初めてETC車載器を導入する方であること。
※ETC車載器が搭載されているお車からの買い替えの場合は対象となりません。
※車載器を購入する前に申込書にご記入ください。購入・セットアップ・取付け後のお申し込みは助成対象となりません。

条件2:
東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城のいずれかに所在する「首都圏ETCキャンペーン ETC2.0車載器導入助成取扱店」で、新規に購入・セットアップ・取付けをすること。

条件3:
申込時にアンケートにご協力いただくこと。取扱店に備え置きの「首都圏ETCキャンペーンETC2.0車載器助成申込書」に必要事項を記入して、取扱店に提出してください。

Sponsored Link


ETC2.0にスタンドアローンで対応可能なGPS搭載モデル

3/12追加

CY-ET2600GD

パナソニックからも、ETC2.0にスタンドアローンで対応可能なGPS搭載のETC2.0車載器「CY-ET2600GD」が今月発売されます。

ND-ETCS10

中古車のナビや古いナビでETC2.0を使いたいと思っても、連動するETC2.0車載器が発売していないのでどうしようか?と悩んでいる方へ。

最近では走行経路などの把握に必要なGPSをアンテナに内蔵した製品が発売されています。GPSがETCに搭載されたことにより、カーナビゲーションに接続することなくETC2.0サービスを利用することができるようになり、受信したETC2.0サービスの情報は、本体内蔵スピーカーから音声で確認することができるようになっています。

高速道路をよく使うユーザーは一度検討してみる価値ありではないでしょうか?現在販売中の主なスタンドアローンETC2.0を調査してきましたので紹介いたします。

まず、上の写真がパイオニアから発売中のND-ETCS10、以下はFURUMOのFNK-M100、DENSOのDIU-A010です。価格は2万~3万円+取付け手数料です。現在はETC2.0非対応のETCが付いている方があえて替える必要があるか?は使用頻度で考える必要がありそうです。首都圏の高速道路(特に圏央道)を通勤で良く使う方などは検討しても良いかもしれませんね。

FNK-M100

DIU-A010

Sponsored Link


高速道路から一時的に退出可能なサービスを今夏より試験導入

一般道の道の駅などに立ち寄れるサービス「賢い料金」

国土交通省は2月7日、高速道路から一時的に退出し、一般道の道の駅などに立ち寄れるサービス「賢い料金」を今夏から試験導入すると発表した。対象は群馬県、愛知県、山口県にある合計3カ所の道の駅。

高速道路を降りて道の駅に立ち寄り、約1時間以内に高速道路に戻れば、降りなかったものと見なして料金を再徴収しないサービスです。国交省が推進しているETC2.0対応機器の搭載車が対象で、対応する道の駅は「玉村宿」(群馬県)、「もっくる新城」(愛知県)、「ソレーネ周南」(山口県)の3カ所からまずは開始します。

これらの狙いは高速道路からの一時退出を可能にすることで、休憩施設の不足に対応する事。

ガソリン代が安くできる

ガソリンスタンド

今回のサービスはSAやPAの替わりに一般道の道の駅等を利用して欲しい、との事ですが、これ以外にも使い方次第ではお得になることも。例えば、ガソリン給油。高速道路のGSの単価は高いので、一般道のGSで給油する、買い物に行く、観光地に行く、等々。アイデア次第で色々と考えられそうですね。

Sponsored Link


圏央道 境古河IC~つくば中央ICが2017年2月26日開通

圏央道 境古河IC~つくば中央ICが2017年2月26日開通

圏央道 境古河IC~つくば中央ICが2017年2月26日開通と発表がありました。これで、圏央道の茨城県区間が全線開通することになり、東京都から放射状に伸びる東名高速道路、中央自動車道、関越自動車道、東北自動車道、常磐自動車道、東関東自動車道の6つの高速道路が圏央道で結ばれるることになります。

となると、移動ルートも複数選ぶことができます。例えば、成田空港から都心を経由せずに東北道、関越道、中央道、東名高速へアクセスできるようになり、発表資料では、成田空港~秩父・長瀞(新空港IC~花園IC)間の所要時間として、都心を経由した場合は135分であるのに対し、圏央道を経由した場合は115分になるとの試算も出ています。

圏央道の利用が多いならETC2.0がますますお得になる

今回の境古河IC~つくば中央IC開通で圏央道を使う機会が多くなると思います。その場合にはETC2.0であれば、従来のETCに比べて料金が約2割引きになるサービスが受けられますのでお得になります。といってわざわざETCを交換する人は少ないと思いますが、従来のETCに”DCRS”の文字があれば再セットアップすることでETC2.0として使うことが出来るようになります。

詳しくは、以前に記事 ETC2.0に対応した車載器の見分け方 を参考にしてください。なお、再セットアップについては、~2017年3月31日 (金)まではキャンペーンを実施中で最大2700円が助成されますのでこの機会をお見逃しなく!

>> ETC2.0再セットアップキャンペーンの詳細はこちら

Sponsored Link


ETC2.0車載器購入助成キャンペーンが12月27日で終了に

ETC2.0

このキャンペーンを覚えていますか?当サイトでも9月に紹介していますが、まさか年内で終了するとはそれだけETC2.0の普及が予想より早かった、という事なんでしょう。

NEXCO東日本/中日本/西日本(NEXCO3社)で実施中のETC2.0車載器購入助成キャンペーンのうち、業務用車両以外を対象としたものについて、ご好評により想定以上の助成申込をいただき、2016年12月中に当初の助成予定台数の5万台に到達する見通しとなりました。
そのため、2016年12月27日(火)までの申込分をもってキャンペーンを終了することとなりましたのでお知らせいたします。
なお、助成予定台数の5万台を超えた場合でも、2016年12月27日(火)までは助成対象として受付を継続いたします。

となるのですが、当初の予想より大幅に前倒しになった背景には、1台に1万円を助成するという点から、ETC2.0は、ナビゲーション・システムとセットで使うことで最大の効果が得られるため、このような組み合わせの新規購入には向かないと思っていても割安感から購入が増えたのでしょう。

トラックやバスなどナビゲーションの使用を前提としない車載器単体での購入、その後市販が始まった二輪車専用2.0車載器も対象に加わった事、特に二輪車専用車載器はナビゲーションとの連動機能がないため、最安値の日本無線製JRM-21が助成を受けることで1万5704円(税込)となる。最新の車載器が、ほぼ従来のETCと同額で購入できるため関心も高かったことが理由に挙げられる。

心理としてETC2.0とETCの違いが良く分からず、恩恵を受ける機会も少なければ、安いETCを購入してしまいます。しかし、助成金が出て価格差が無くなるのあれば、最新のETC2.0を買おう、となっても不思議ではありませんね。

ということで、検討中の方はお早めに!受付はキャンペーン終了日の12月27日、店頭申し込み分まで可能です。

Sponsored Link


三菱の新型ETC2.0は青信号までカウントダウン表示

三菱のETC2.0車載器

海外では、信号機にカウントダウン表示があり青信号まであと何秒か分かる場合が多い。日本でもそんな機能があったらいいなぁ、と思っていたところ、2017年1月発売予定の三菱ETC2.0車載器EP-B016SRBW/EP-B016SRBDと同社のナビMR-NZ200シリーズを接続することで実現することが出来る様になりました!

信号情報活用運転支援システムに対応

三菱電機のETC2.0車載器は、市販ETC2.0車載器で初めて高度化光ビーコンを利用し、信号情報活用運転支援システムに対応しました。NR-MZ200シリーズと接続することで、路側機から提供される信号情報に基づいた「赤信号残時間表示」のサービスが利用可能に。赤信号残時間表示では交差点で赤信号待ちの状態から青信号に変わるまでの残り時間を、NR-MZ200シリーズの地図画面左下にゲージで表示します。ゲージは5秒ごとに減少し、残り5秒未満になると信号が変わることを予告することで発進遅れを防ぎます。しかも、ETCアンテナと高度化光ビーコンアンテナを1つに統合し、ケーブル1本にすることにより、配線工数の削減が可能となります。

ETCカードの有効期限がわかりやすい

三菱のETC2.0車載器

また、カーナビ連動型ETC2.0車載器との連動により、ETCカードの有効期限を音声だけでなく画面上でも案内。ETCゲートでのトラブルを未然に防ぎます。高速道路をあまり使わない人、営業車で会社のETCカードを使っている人、などは重宝する機能ではないでしょうか?

Sponsored Link


GPS付き二輪車用ETC2.0車載器が日本無線から発売

二輪車用ETC2.0車載器 JRM-21

日本無線は、GPS付き二輪車用ETC2.0車載器の新製品「JRM-21シリーズ」を2016年7月28日より発売。「JRM-21シリーズ」はETC2.0サービスに必要なGPSセンサーを内蔵した二輪車用ETC2.0 車載器。同社従来品より防水性能が向上させて防水等級IP67をクリアし、より安心して使用できる製品になっています。

ETC車載器のメリットは四輪車よりも二輪車の方が大きいはずです。なぜなら、バイク・ライダーは分厚いグローブをはめている場合が多く、ETCを利用できない場合は、料金所でグローブを外して、サイフを取り出し、現金を支払って、再度グローブをはめるという面倒な動作が必要になるからです。

本新製品は次のような特徴を備えています。

ETC2.0に対応

「JRM-21シリーズ」はETC2.0 に対応しており、ETC2.0サービスを利用すれば圏央道の料金水準がETCに比べて約2割引となります。さらに今後も、ETC2.0サービスは増える見込みです。

自社製受信機を搭載

「JRM-21シリーズ」には、ETC車載器の心臓部であるGPS受信機に自社製の受信機を搭載しており、その信頼性には定評があります。日本無線の車載用GPS受信機は世界で初めてGPS カーナビゲーションシステムに採用されて以来、その高い信頼性が評価されて数多くのメーカーに採用されています。

コンパクトなアンテナ

ETCアンテナとGPSアンテナをコンパクトに一体化したシンプルなデザインを実現。ハンドル周りにアンテナを装着してもオートバイの外観を損ないません。

製品全体に防水・防塵性能を付与

「JRM-21シリーズ」ではアンテナ・インジケータはもちろんのこと、本体もIP67の防水・防塵性能を実現しており、雨・洗車でも安心です。近年のゲリラ豪雨に対しても防水性を保つことができます。

雨の日でもカードの抜き差しができる

「JRM-21シリーズ」には、水に濡れても壊れない専用ICカードコネクタを採用しており、雨の中でカードを抜き差ししても浸水するおそれがありません。

安心のフルシールド・ハウジング構造

従来品に引き続き、フルシールド・ハウジング構造を採用。さらにバックル部分を大型化し、二輪用の厚手グローブをしたままでも開閉しやすい構造になっており、グローブを外さずに操作できます。

二輪車用の耐震設計

振動が多いオートバイに取り付けても、故障しにくい高い振動スペックの振動加速度試験20Gをクリアしており、振動に強い二輪車専用の耐振設計が施されています。

価格は取付・セットアップ費用別で23,800円(税抜き)。あなたのバイクにもETC車載器を取り付けて、快適なツーリングを楽しんでください。

クリッカーより

Sponsored Link


渋滞ポイント海老名JCT、圏央道から東名も状況が改善 回数4割減少

渋滞ポイント海老名JCT

海老名JCTの圏央道内回りから東名高速へのランプにおける、渋滞対策前と対策後の状況(画像出典:NEXCO中日本)。

 今年7月15日、NEXCO中日本はこの部分について、ランプの2車線化と、圏央道内回り本線の一部1車線化を暫定的に実施。それにより、年間でも交通量が多いお盆期間を含めた運用後2か月間において、このランプ付近で発生していた渋滞の回数が4割減少。渋滞の時間は3割減少したといいます。

 また、ETC2.0のデータによると、海老名IC~海老名JCT間およそ1.2kmについて、平日の混雑時間帯における平均通行速度が約10km/h(3割)以上、改善したとのこと。

 海老名JCTでは、同様にランプが1車線でボトルネックになっていた東名高速から圏央道外回り(北行き)についても、2015年10月にランプ部分を2車線に、圏央道本線を1車線に暫定変更。これにより、同部分における渋滞が解消されていました。NEXCO中日本は「交通状況について、今後も引き続き確認してまいります」としています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161018-00010002-norimono-bus_all

Sponsored Link


高速道路最高速110km/h引き上げへ試行

高速道路110km

ETC2.0を使う高速道路の話題。一部区間で最高時速を110km/hにする試行を始めます。概要は以下の通り。

警察庁は10月13日に、高速道路の最高速度を現行の時速100kmから110kmへ試験的に引き上げる区間について、静岡県の新東名高速道路50.5km区間と岩手県の東北自動車道30.6km区間を選定を選定したと発表。

・新東名高速道路:新静岡 IC(インターチェンジ)~森掛川 IC の50.5km
・東北自動車道:花巻南IC(インターチェンジ)~盛岡南 IC の30.6km

警察庁は試行開始後、少なくとも1年分のデータを収集・分析するとのこと。安全対策なども含めて検証し、制限速度120km化や区間の拡大、他の高規格の関越道、常磐道、東関東道、東名高速、九州道への制限速度引き上げ導入の可否を判断し、制限速度を時速100kmと定めた交通規制基準を変更する。

なお、今回発表された高速道路の制限速度の引き上げは、すべての車に適用される訳ではなく、大型トラックなど(大型貨物車)はこれまでと同様に、時速80kmが最高速度となります。

※写真は中国の高速道路。このような直線区間では120km/hまでOKです。日本も110kmではなく、120km/hにしても良いと思うのだが・・・

意外な問題点

最高速度が引き上げられる予定区間には、意外なことに速度標識がない。一般道も同じだが規制がない区間は、法定速度が最高速度になるからだ。110km/hに引き上げる区間は、法定速度を超えるため新たに最高速度を示す標識を設置しなければならない。

しかし、これが金属製の丸板に数字の標識ではすまない。天候や事故、工事などで臨時速度規制を行う場合がある場合は、110km/hの表示を消さなければならないからだ。もちろんこうした場合に備えて、高速道路にはLEDで速度表示をする標識がある。が、こうした電光標識には「110」という3桁の数字を示す機能がない。道路を管理する高速道路会社は、新たな標識の設置に追われることになる。

Sponsored Link


サブコンテンツ

このページの先頭へ