ETC2.0に対応した車載器の見分け方

最近の新車に付く純正ナビ連動ETCはETC2.0対応品です。しかし、昔買った車や中古車のETCはETC2.0に対応しているかどうやって見分けるのでしょうか?ここではETC車載器の見分け方を紹介します。

DSRCとETC2.0は同じです

最近になってETC2.0と聞きますが、実は以前はDSRCと呼ばれており同じ意味なんです。これまで「DSRC」と呼んでいた名称が、国土交通省により“ETC2.0”に統一されただけなのです。

DSRC

こちらは2年前に購入した新車に搭載している純正ナビ連動のETCユニットです。DSRCと文字が書いてありますね? と言う事はETC2.0対応していますので、買い替える必要はありません。

注)2015年6月30日以前にセットアップした車載器(DSRCやETC2.0)は、経路情報収集のために再セットアップが必要になりますので、お店に行く必要があります。

ETC2.0に再セットアップを実施

現在は国交省はETC2.0普及促進に向け、10月29日より「ETC2.0再セットアップサポートキャンペーン」を開始しており、2016年3月31日までの期間、先着10万名限定で最大2700円を助成してくれるので、自己負担は残金のたった約900円となります。これならやらない手はない。

12月末現在でこのキャンペーンを申し込んだ人はたった約5000人程と空が十分ありますので、早速、再セットアップを行ってきました。ディーラーやカーショップで専用のカードでデータを読み込ませるだけなので、約20分程で完了です。

ETC2.0再セットアップ申込書

まずは、ETC2.0再セットアップ申込書に必要事項を記入します。このキャンペーンを適用する条件としてアンケートに答える必要がありますので、そちらも回答します。

ETC2.0再セット完了

再セットアップが完了するとこのようなシールがもらえますので、車載器に貼り付けます。これであなたが下取りに車を売っても次の人は容易に分かるようになります!

ETC2.0再セット証明書

同時にETC2.0再セット証明書も発行されますので、車検証と一緒に保管します。

ETC2.0と書いてなければ未対応ですが、交換すればOK

ETC

こちらは5年前に購入した新車に搭載した社外ナビ連動型ETCユニットです。ETCとしか書かれていませんね? と言う事はETC2.0対応していないので、買い替える必要があります。

ETC

念のため再確認してみましょう。型番はND-ETC5とありますので、カロッツェリアのサイトで調べるとETCとしかなく、DSRCやETC2.0と書いてないので、非対応と確認できました。

なお、もっと確実に確認する方法としてETC車載器セットアップ証明書が車検書と一緒に入っていればそちらで確認することができます。

DSRCやETC2.0

ちなみに、ETC2.0車載器がこちらになりますが、DSRCやETC2.0が書いてあります。ナビはそのままにETC車載器をこちらに交換すると、ETC2.0対応にできますね。

まとめ

まずはETC車載器を見つけて、ETC、DSRC、ETC2.0、のどれが書いてあるか確認しましょう。ETCならETC2.0未対応、DSRC、ETC2.0ならETC2.0対応になります。

ETC2.0未対応でどうしてもETC2.0を使ってみたい場合、ETC2.0対応品に交換すればOKです。しかし、カーナビがETC連動できない機種やETC単独使用であれば従来型ETCで十分です。理由はETC2.0で受信した情報はカーナビに送られ、どこで渋滞が発生しているか解ることだからです。

また、この機能はカーナビ+現存のVICSビーコンで実現しているので、「必要ないよ」って思うかも知れません。しかし、第二東名はETC2.0の送信機のみ設置で従来の電波ビーコンは設置されていないことから、将来的にはETC2.0の増設を行い、電波ビーコンと切り替わって行きますので、どうせならETC2.0対応にすると良いでしょう。

Sponsored Link


圏央道 ETC2.0高速割引料金

ETC2.0の割引き料金が最初に導入されるのは圏央道になります。

首都圏の慢性的な渋滞緩和のために2016年4月から首都圏の高速道路料金が激変し、その恩恵を受けるのが圏央道というわけです。

まず、今回の改定内容は

・距離制を基本に料金を整理し、統一する
・発着地が同じなら、経路は問わず、料金も同一とする

圏央道の料金が割高となっている西側区間を含めて、現行の高速自動車国道の大都市近郊区間の料金水準に設定します。次に、「発着地が同じなら、経路は問わず、料金も同一とする」、について、今年11月末に圏央道の桶川北本ICと白岡菖蒲ICの間が開通します。

これによって東北道から東名高速まで都心を経由せずに圏央道で迂回できることになり、都心環状線の渋滞が緩和されるという訳です。例えば、圏央道を使って厚木ICから久喜ICまで行くと、現行料金では3770円ですが、新料金では3310円になります。

また厚木ICから圏央道を使い鶴ヶ島ICまで走り関越道練馬IC~外環道川口IC~東北道久喜ICと迂回しても3310円になります。本来の距離別新料金では4760円になるのですが、かなり割引される嬉しいサービスになる訳です。

一方、厚木ICから東名で東京ICを抜け、首都高の都心環状線から東北道の川口JCTを抜け、久喜ICに行った場合は現在の3180円から3550円と値上がりになります。

つまり、圏央道を使って渋滞緩和に協力すると割引ますよ~ってことです。

ETC2.0再セットアップサポートキャンペーン

国交省はETC2.0普及促進に向け、10月29日より「ETC2.0再セットアップサポートキャンペーン」を開始した。2016年3月31日までの期間、先着10万名限定で最大2700円を助成するもので、まずはセットアップそのものへの壁を取り払いたい考えでしょう。

※追記(2015年12月24日)現在申込み数が6,502件です。まだまだ間に合います!

※追記(2016年2月2日)ETC2.0車載器の総セットアップ累計件数(再セットアップを含む)が2016年1月30日に100万件を突破しました。
ETC2.0再セットアップサポートキャンペーン終了

なにせ、輸入車や高級車ではDSRCが標準で装備されている場合が多く、ユーザー自身がそれがETC2.0が使えるDSRC車載器として認識していない可能性も大いにあり、締切までに10万台に達しないことも考えられるためです。

Sponsored Link


ETCとETC2.0は何が違うの?

ETCとETC2.0は何が違うのか?高速のETC割引料金は変わらず、車載器は似てるけど受けられるサービスが大きく違ってきます。

ETC=通行料金を自動的に決済する機能
ETC2.0=ETC+ITSスポットを通して収集される経路情報を活用した新たなサービス

注)ITSスポット:高速道路1600か所に設置されてる通信スポットの事で、ここを車が通過すると、その車が直近80kmの区間でどのような区間をどのくらいのスピードで走行していたのか分かり、この双方向通信という機能によってさまざまなサービスが受けられる。

1、情報提供サービス

最大1000kmもの大きな範囲で交通情報を受けることが出来る。カーナビ連動型のETC車載器があれば、走行している前方における渋滞情報や気象に関する路面情報がリアルな静止画像で送られてくる。

ETC2.0
ETC2.0

リアルタイムに画像が送られてくるからドライバーは渋滞回避や事故や天候不順への準備ができて、的確な対応ができるようになる訳なんです。

2、経路情報を活用したサービス

・渋滞等を迂回する経路を走行したドライバーを優遇する処置
・特車の経路確認と許可の弾力化
・商用車の運航管理支援

等々です。

これらはETC2.0導入で実施予定のサービスなんですが、「渋滞等を迂回する経路を走行したドライバーを優遇する処置」については2016年度から実施される予定です。去る9月11日に国土交通省から「首都圏の新たな高速道路料金に関する具体方針案」が示されました。

重要なポイントは、圏央道の割高になっている西側区間の料金を下げ、圏央道をより賢く使うためにETC2.0搭載車を対象に、更に約2割料金を引き下げるという点です。

注)2015年6月30日以前にセットアップされたETC2.0車載器には経路情報サービスが入っていないため再度セットアップが必要になります。

Sponsored Link


新しい高速道路のETC2.0割引料金

新しい高速道路のETC2.0割引料金

ETC2.0割引料金

事故などによる渋滞を避けるためにいったん一般道に降りて再び高速道路に乗った場合や、全国の高速道路で100km以上ガソリンスタンドがないところで、給油のためにいったん一般道に降りて給油した場合は、降りなかった場合と同一料金とする、という内容です。

カーナビ等のGPSによって走行経路を把握し、ETC2.0(DSRC)車載器とITSスポット路側機の通信により情報をアップリンクし、把握します。なお、2015年6月30日以前にセットアップした車載器は、経路情報収集のために再セットアップが必要になります。

このようにETC2.0では車両情報が細かく把握できるが、裏を返せば常に個人情報を発信していることになります。

情報漏れが心配?と思うかも知れませんが安心下さい!

ETC2.0から得られる情報はインターネットから隔離された専用の回線とサーバーによって、情報は暗号化され安全に管理されています。

経路別料金制度

ETC2.0割引料金

2016年度から導入予定の新料金制度。高速道路を賢く使う利用者を優遇します。首都圏では環状道路のネットワークにより、未開通区間も開通区間とみなすので都心への到着パターン数は飛躍的に増加し、渋滞の早期緩和や交通量分散を目的にしています。

当然ですが、この料金優遇を受けるためにはETC2.0(DSRC)車載器が必要になります。

Sponsored Link


ETCからETC2.0へ

ETCからETC2.0へ。ETC割引料金は変わりませんが、約9割の普及率で料金書をノンストップで通過できても、日本は下記にあるように都市間の移動に時間がかかりすぎています!

これには理由があって、全ての道路に対する高速道路の延長割合がたったの0.7%で、高速道路も上下3車線以下が31.9%と整備されていないから。ETCが100%普及しても解決できない問題なんです。

これは中国の高速道路の橋です。日本は国土が狭いから仕方ないにしても、中国なんて一般道でも3車線はだいたいあるし、高速道路なんて3車線以上が一般的です。こちらは国土が広く土地が余っているからね。

また、日本ジン1人当たりの年間渋滞時間損失時間は約40時間にも上がり、乗車時間約100時間の4割にもなっています。欧米の場合は約2割と言いますから、その倍という事になります。そこで、こんなんじゃいかん!ってことで既存の道を賢く使うETC2.0の活用が始まりました。

Sponsored Link


ETC2.0対応車載機器が続々発売中

ETC2.0のサービスを受けるには、ETC2.0対応車載機器が必須です。

パイオニアETC2.0

カーナビ連動型ではDSRC対応カーナビを持っているなら、画像や図形で最新情報が見られるナビ連動型がオススメです。パイオニア、パナソニック等カーナビメーカーから発売中です。

セットアップ料金は別で車載器本体価格はナビ連動型で2万円から3.5万円ほどです。

スマホ連動型ETC2.0

こちらはデンソーのスマホ連動型。スマホのETC2.0対応アプリをインストールして使用します。Bluetooth通信でつながった対応Androidスマートフォンで使用します。

Sponsored Link


サブコンテンツ

このページの先頭へ