新しい高速道路のETC2.0割引料金

新しい高速道路のETC2.0割引料金

ETC2.0割引料金

事故などによる渋滞を避けるためにいったん一般道に降りて再び高速道路に乗った場合や、全国の高速道路で100km以上ガソリンスタンドがないところで、給油のためにいったん一般道に降りて給油した場合は、降りなかった場合と同一料金とする、という内容です。

カーナビ等のGPSによって走行経路を把握し、ETC2.0(DSRC)車載器とITSスポット路側機の通信により情報をアップリンクし、把握します。なお、2015年6月30日以前にセットアップした車載器は、経路情報収集のために再セットアップが必要になります。

このようにETC2.0では車両情報が細かく把握できるが、裏を返せば常に個人情報を発信していることになります。

情報漏れが心配?と思うかも知れませんが安心下さい!

ETC2.0から得られる情報はインターネットから隔離された専用の回線とサーバーによって、情報は暗号化され安全に管理されています。

経路別料金制度

ETC2.0割引料金

2016年度から導入予定の新料金制度。高速道路を賢く使う利用者を優遇します。首都圏では環状道路のネットワークにより、未開通区間も開通区間とみなすので都心への到着パターン数は飛躍的に増加し、渋滞の早期緩和や交通量分散を目的にしています。

当然ですが、この料金優遇を受けるためにはETC2.0(DSRC)車載器が必要になります。

Sponsored Link


ETCからETC2.0へ

ETCからETC2.0へ。ETC割引料金は変わりませんが、約9割の普及率で料金書をノンストップで通過できても、日本は下記にあるように都市間の移動に時間がかかりすぎています!

これには理由があって、全ての道路に対する高速道路の延長割合がたったの0.7%で、高速道路も上下3車線以下が31.9%と整備されていないから。ETCが100%普及しても解決できない問題なんです。

これは中国の高速道路の橋です。日本は国土が狭いから仕方ないにしても、中国なんて一般道でも3車線はだいたいあるし、高速道路なんて3車線以上が一般的です。こちらは国土が広く土地が余っているからね。

また、日本ジン1人当たりの年間渋滞時間損失時間は約40時間にも上がり、乗車時間約100時間の4割にもなっています。欧米の場合は約2割と言いますから、その倍という事になります。そこで、こんなんじゃいかん!ってことで既存の道を賢く使うETC2.0の活用が始まりました。

Sponsored Link


ETC2.0対応車載機器が続々発売中

ETC2.0のサービスを受けるには、ETC2.0対応車載機器が必須です。

パイオニアETC2.0

カーナビ連動型ではDSRC対応カーナビを持っているなら、画像や図形で最新情報が見られるナビ連動型がオススメです。パイオニア、パナソニック等カーナビメーカーから発売中です。

セットアップ料金は別で車載器本体価格はナビ連動型で2万円から3.5万円ほどです。

スマホ連動型ETC2.0

こちらはデンソーのスマホ連動型。スマホのETC2.0対応アプリをインストールして使用します。Bluetooth通信でつながった対応Androidスマートフォンで使用します。

Sponsored Link


サブコンテンツ

このページの先頭へ